その言葉に愛はあるか。

ことばの生まれるところを掘っています。掘るところ見つかりそうなアラサー。上京日記。

わがままじゃなくて、努力不足なだけの話。

 

きらきらしているのは生命力が強いから。

熱を持っているから。

 

私のしたいことができているから、嫉妬もする。

すごく複雑な気持ちになる。

顔を見れなくなる。そらしてしまう心の濁った私。

あんなふうになりたいし、もっと違うふうにもなりたい。

あの人は私ではない。

私は私で、私のやりたいことは彼のしたいこととはまた違う。

 

彼にできなくて私にできることもある。

 

そんな当たり前のことを、書きださないと、

なんだかつらくて立ってられなくなる。

 

仕事にワープはない。

ワープってかわいい言葉だな。

いつか何かで使おう。死語に近いかな。だからこそ。

 

彼は私がのんびりしていた時も

死ぬほど努力して唇をかみしめていたんだ。

 

私が走って止まらなくなる頃、

誰かが追いかけてきてくれるような人になりたい。

 

私は仕事で認められたい。

仕事で認識されたい。

 

ただの女の人で、ただの少し良い人で

そういうのは、もういらないのだ。

 

はじめていわゆる、高めあえる、

いや、高めてくれる人と付き合ってる気がする。

フェアじゃないなーつらい。

一番苦手。

そうだ、そこがいつもひっかかるんだ。

今までは、物足りないと嘆いていたのにね。