その言葉に愛はあるか。

ことばの生まれるところを掘っています。掘るところ見つかりそうなアラサー。上京日記。

明るい。眩しい。とどきそうの予感。

 

正論がいつも正しく受け止められない。

見えてる方からすると自明のことで、

アドバイスで真っ当な意見なんだろうけど。

言われてる本人が気づかない限り分からないよね。

素直に聞けない。一度この人には素直になりたくない

と思ったら、もう嫌。だって人間だし。

何がダメだったんだろう。

私がマネージャしていて選手になんでできないのって

正論言ってた時みたいなかんじかな。

まぁ、すごく私寄りに話してくれてるんだろうけど。

机上の論と実務。言葉でいくら言われても分からない。

でも私は言葉の仕事をしている。

 

この人好きかもって思って学びたい。

なんか、だめ、道具であって人でない。

まぎれもなく人なんだけど。

そんな気持ち。そう言うふうに接している。

なんか、よくわかんない。

ひとりでやっぱり頑張ろう。

いると思うからダメなんだ。

結局それ。

 

私は一人。

良いと思ったもの出す。