その言葉に愛はあるか。

ことばの生まれるところを掘っています。掘るところ見つかりそうなアラサー。上京日記。

オレ様のパートナー

 

 

自分の軸を、パートナーに少しずつ譲らないと、

一生自分だけの世界で生きることになる。

それを、私のパートナーは気付いているのかいないのか。

ひとりで生きてきたような顔をして、

自分の軸だけ大切に真っ直ぐに守ってきたから、

それを譲れない壊せない。

 

軸を渡してしまって、私がいなくなった時に、

すっかり自分の軸がなくなっているのが怖いんだろう。

自覚しているのかしていないのかわからないけど。

 

このままの俺を愛してスタイルのバカと付き合うとこういうことになる。

ほとんど親の気持ちで私はそれを見ている。

余裕があるときは良いけれど、ないときはなんで付き合ってんだろうな。

と思う。

 

主語がいつも自分で動いているバカ。

相手の気持ちに立って、相手のために動くということができない。

そのくせ自分で気を遣う方だから疲れるとか言う。

 

それは自分の遣える範囲の自分の気付ける方向へ限った気の遣い方でしょ。

気を遣うというのは自分の範囲外からやってきたことへも、

気付いて対応できてはじめて気を遣えるというのだよ。

そんなことも30過ぎてわからないなんてよく社会人で来てるなと思う。

 

人間関係もきっと薄いのだろうなと思う。

孤独の波に溺れているのも分かる。

仕事しかないのも分かる。仕事ができるのも分かる。

プライドの高さがすべてを許さないのも分かる。

相手を試すことでしか、自分の居所を確認できない。

自分を預けることで、自分の居場所を確認できない。

それはきっと負けだと思っているのだろう。

 

そういうことにすぐに気づいてしまうから、

しばらく様子見だなあと見守っている私も何様なのだけれど、

ここまできて疲れてきた。

 

この間言った

「女のひと本当は苦手でしょ。扱い慣れてないね」

「人のことあんまり好きじゃないよね」

この二言が彼にどこまで響いているのかわからないけれど、

きっと、恐怖だろうな。

 

私は怖い女だと思う。

キレずに、心を読んでそれを言ってしまうから。

きっとキレたほうがいいんだろうな。

でもキレられない。全部わかってしまうから。

同情してしまう。

 

次の確認は、あなたは私の愛についてこれますか?だな。