その言葉に愛はあるか。

ことばの生まれるところを掘っています。掘るところ見つかりそうなアラサー。上京日記。

重なり合う円。

 

同郷の友達と久しぶりに飲んだ。

 

ある程度年齢を重ねると、話題の重なる部分がふえてきて、

急に気が合いはじめるようなことがある。

二つの円がだんだん大きくなって、重なる部分が出来てくる。

そんな感じの良い時間だった。

 

恋バナから仕事の話しからいろいろ。

久しぶりに会う人と話すと、私のことをより客観的に見てくれる。

 

これからも円を大きくし続けようと思った。

円の中心の場所を移動するときもこれからあるんだろうな。

 

学生の時の知り合いで、

お酒も飲んだこともないまま別れて、

また出会ってって、なんか落ち着く。

地元を離れたならではの、付き合い方かもしれない。

 

ずーっとそのままそばにいる人が変わらないのは、

なんだか息が苦しそうだ。

 

東京生まれ東京育ちの人は、

地元を出ない地元の子らと同じ閉塞感がある。