その言葉に愛はあるか。

ことばの生まれるところを掘っています。掘るところ見つかりそうなアラサー。上京日記。

ありがとうは、すぐそばにある。

飲食店とか、いいなー。

お客さんと直接コミュニケーションが取れて、

うれしそうな顔も見られて、

たまに運が良かったら、ありがとうも言ってもらえるし。

だからいつか、飲食店できたらなと思ってた。

飲食店じゃなくても、直接お客さんと接する仕事。

 

でも違った。

すごい熱量で、ありがとうとか、

これこれこれ!とか、好き!とか、

ほとんど絶叫に近い反応をもらえる日がある。

お客さんじゃなくても、目の前の人が喜んでくれる。

喜ぶのは一般人だけじゃない。

私のお客さんは社内の人間な時も多い。

社内の人にこれだけ喜んでもらえたら

それは本当にうれしい。

やってて良かったし、辛かったけど書いてよかったと思う。

それが今日だった。

 

消費者のありがとうや感謝をなめてた。

手軽に手に入るような気がして、

ビジネスじゃありがとうは存在しないように思ってた。

 

ありがとうが遠いと感じている時、

自分が働いていないだけだという時もある。